いつものとちょっと違った折鶴の作り方

日本人ならほとんどの人が1度は折鶴を折ったことがあると思います。中には千羽以上折ったという人もいるんじゃないでしょうか。今回は、普通のとはちょっと違った折鶴の作り方、つまりは折り方を紹介するとします。

普通の折鶴

↑ これは世間一般でよく折られる折鶴

そして

ちょっと違う折鶴

↑ これがちょっと違った折鶴

確かに違いがあります。普通のと比べると若干小太りぎみですね。最初これを人から教わった時に「ハトっぽくない?」と言ったらその人は全力で否定されていたので、鶴は鶴のようです。

ただ、形が違うだけだと特に驚きませんが、この折鶴は

パタパタする折鶴

↑ パタパタと羽を動かすことができる優れものなんです。

(ムービー作成環境がないため、Gifアニメで)

鶴とかハトとか抜きにしてもこれはちょっといい感じです。

以降で作り方を説明します。

続きを読む

田焼き(?)線香

前回の雨の匂いに引き続き、今回も好きな匂いの雑記になってしまいました。

ちょっと季節は今と違うんですが、秋頃によく田んぼを焼いてますよね。あの匂いがたまらなく好きなんですよ。あの行為は何という名前なのでしょうか。田焼き?野焼き?

車を運転していてあれに出くわすと、窓を全開にして匂いを車内に取り込んだ後、窓を閉めて匂いが無くなるまで堪能するといった、ちょっと危険なくらいの好き度合。(※体には有害かもしれないので、真似しないで下さい。)

それで、知ってる限りではこの匂いの商品も無いなと思うんです。前回は芳香剤だったけれど、田んぼを焼く匂いのする芳香剤はイメージ違うかなぁ…。アロマキャンドルとかはお洒落かもしれない。でも田んぼとキャンドルは合わないような…。

そうこう考えてて思いついたのは「蚊取り線香」。これなら実際に焼くし、煙も出すし、なんとなく田んぼともイメージが合う気がするよ!

というわけで、今回考えたのは、「田んぼを焼いた時の匂いの出る蚊取り線香」って長いんで、「田焼き線香」とでも命名。商品化されたらこれも絶対買います。さあ早い者勝ちだよっ。

そしてまた最近ブームの微妙なイラストを描いてみる。

田焼き線香

普通に「蚊取り線香」のイラストになってしまった。

雨の匂いの芳香剤

ちょっと前にTwitterで

雨の匂いが好きなのだけど、あれはアスファルトが雨にぬれた匂いなんだろうな。じゃあ雨とアスファルトの成分で、その芳香剤が作れないものか。絶対買うのに。

» http://twitter.com/chocobit/statuses/108525172

などとつぶやいたんですが、これ本当に欲しいんですよ。
もし実際にあるなら教えてほしいんですが、知る限りでは無いですね。

梅雨の季節には必要ないように思えますが、雨の日でもあまり匂いのしない日があります。同じ場所でも。
おそらくは色々と条件が揃わないとダメなのだろうと。

  • 雨に含まれる成分
  • 空気中の成分
  • 風向き
  • アスファルトの感じ
  • 鼻の調子

そのあたり。

実際にこのエントリーをたまたま見た企画上げたりする人が、商品化まで話をこぎつける事を願って、イメージだけでも載せておくことにします。某商品とかぶっている気もしますが。

雨天空間

最近この描き方がブーム。