井上雄彦 最後のマンガ展へ

井上雄彦 最後のマンガ展

先週から上野の森美術館で始まった「井上雄彦 最後のマンガ展」に行ってきました。

7月6日までやってるし、もうちょっと後でもよかったんだけど、たまたま上のページ見てたら今すぐ行きたくなったので、5月31日18:00~の前売りチケットを1時間前に予約しましたよ。

これ前売り買っといて正解だった!先週から始まったばかりで土曜日ということもあってか、混んでる混んでる。前売りの人は優先して入場できてたみたいなので、まだ行ってない人は絶対前売りにしとくべき!平日ならそうでもないかもしれないけど。

で、ぐるっと見て回って思ったのは、とにかくディティールがすごい!いやいや、井上雄彦のディティールのすごさなんてバガボンド見たら分かるよって思われるかもしれませんが、実際に描かれたものを見てしまうと、それが雑誌やコミックになる過程でかなり潰れてしまっているんだなーと実感できます。

バガボンドは特に「間」「空気」の濃い作品なので、直に描かれたものの濃さは想像を超えてました。マンガというか絵画というかこれはいったい何なんだ! 何なんだ?(大切なことなので2回言いました)

1時間で1,500円は全然高くないと思います。井上雄彦の作品が好きな人もそうでない人もぜひぜひ。

↓上野の展覧会の特別図録「いのうえの 半月篇」を購入する。満月篇も後で出るようなので予約。

井上雄彦 最後のマンガ展 図録1
井上雄彦 最後のマンガ展 図録2

これから行こうと思ってる人にネタバレじゃなくてアドバイス。(土日に行く人はとくに)

展覧会に入って最初の部屋はすごく混んでました。みんなすごいゆっくり見てます。ただ奥にはまだまだ作品あるので、あんまり最初で時間かけすぎないようにした方がいいです。とはいえ1時間あればじっくり見れますが。